スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

初心者のためのグラフィックスを取り付ける方法 

初心者のためのグラフィックスを取り付ける方法
今日数日前に買ったツクモプライベートブランドeX.computer Aero Stream B31J-5430Dにこのとき一緒に買ったグラフィックスを取り付けようと思います、また以前使っていたエプソンに取り付けていたテレビチューナカードもこれに移設しようと思います。まだパソコン内部を見たことがない方に写真も撮りました。初心者の方にもお役に立てれば幸いです。とりあえず内部を見てみましょう。
ツクモマシーン内部
クリックすると分かりやすいです
ちょっと分かりにくいですが左下の3つのスロットが上からPCI-Expressx16 以前のモデルですとAGPスロットなんですが互換性がありませんのでAGPに取り付けていたグラフィックは今回のPCI-Expressx16 には取り付けすることはできません。あと2つ白っぽいのがPCIです。ここにはテレビチューナカードやサウンドカードなど取り付けします。

グラフィックス1

ではグラフィックスを取り付けしますが中身が全部揃っているか確認します。またメーカーによって注意点もありますので説明書はよく読みます。毎日パソコンをいじっているプロではないので方法を間違うとパソコンの調子が悪くなったり、やり直すのにより時間がかかったりします。
ここで注意点があります。
パソコン内部をいじるときは金属などに手を触れしっかり放電しておいてください。メモリの増設などもそうですがパソコン本体の基盤や内部ボードにダメージを与える恐れがあります。特に冬場は静電気がたまりやすいので注意してください。


ツクモマシーン内部2

これで取り付け完了です。これはグラフィックを取り付けてグラフィックのドライバをインストールして状態を確認。完了後にテレビチューナカードを取り付けた写真です、必ず一つ一つの工程を終わらせてから次の取り付けを行ってください。私の場合グラフィックスは取り付けた後にドライバのインストール。テレビチューナカードは最初にドライバのインストールしてから本体を取り付けします。初めての方は説明書通り進めてください。

デバイスマネージャーで確認しよう
取り付けした製品がしっかり作動しているかこのデバイスマネージャーから確認できます。私の取り付けしたグラフィックは良かったのですがテレビチューナカードはちょっと失敗しました。黄色い(!)のマークが出ていたのです。おっと失敗とすぐに修正しました。

デバイスマネージャーの開き方
XPの場合
スタート

コントロールパネル

パフォーマンスとメンテナンス

システム

ハードウェア→デバイスマネージャー

私の場合 サウンド、ビデオ、コントローラ
の小さな+をクリックで詳細画面になります
こんな感じで状態を確認できます

せっかくなのでベンチマークテストもしました
ベンチマークテスト5

スコア 259でした
ちなみにドライバのアップデートしました
とっ、、、
スコア 280オーバーを記録しました
ドライバのアップデートも必要なことが解りました



信長の野望ベンチマークをテストしたい方はクリックしてください
スポンサーサイト
[ 2006/01/02 08:23 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pcnaraomakase.blog39.fc2.com/tb.php/18-76df45b8


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。